MT4でバックテスト時のスプレッド変更法 | FX情報商材レビュー評価 実践検証ブログ ☆禁断の世界☆

学習の進め方

  • FX初心者の学習の進め方を確認する

MT4でバックテスト時のスプレッド変更法

MT4EAのバックテストをするときに、
スプレッドを自由に変更する方法
についてお話ししますね。

MT4_mail

にゃんこ「ねぇねぇ、あそぼ♪ あそぼ♪」

今忙しいからムリ~。

MT4_LineTouch

にゃんこ「くっ、こうなったら作戦変更にゃ!」

 

 

【今日の目次】
 (1) スプレッドとは
 (2) なぜスプレッドを変更するの?
 (3) 平均スプレッドの調査
 (4) スプレッドを変更する方法
 (5) まとめ

(1) スプレッドとは

そもそもスプレッドって何だっけ?(´・ω・`)
という方もいらっしゃるでしょう。
というわけで解説します。

簡単にいうと、FX取引をするごとにかかる
手数料です。要するにFX業者の収入源ですね。

正確には、スプレッドは、インターバンクと
呼ばれる市場に参加している銀行に注文されて
いる売り買いの数量に応じて銀行が決定します。

そして、その銀行が決めたスプレッドに、
FX業者がいくらか上乗せして私たちに提示して
います。
つまり、その差額がFX業者の収入源となるわけ
ですね。

このスプレッドは、売値と買値のレート差を
出すことで回収する仕組みになっています。

スプレッドは、MT4ツールバーの新規注文を
クリックすることで確認できます。

MT4_order

MT4_order1

この場合、売値が1.32766、買値が1.32768
なので、レート差は0.00002。
つまり、スプレッドは0.2pipsですね。

スプレッドは、FX業者ごとに決めることが
できるので、同じ通貨ペアでもFX業者ごとに
異なります。

スリッページのしにくさも影響するので
一概には言えませんが、一般にスプレッド
が小さいFX業者ほど手数料が安くなるので
勝ちやすくなります。

(2) なぜスプレッドを変更するの?

ところで、なぜMT4でEAのバックテストを
するときに、わざわざスプレッドを変更
する必要があるの?(´・ω・`)

実は、スプレッドは、固定制のところも
ありますが、多くのFX業者でそのときの
相場の流動性により変化する、変動制に
なっています。

そして、MT4でEAのバックテストをする
ときは、バックテストを開始した際の
スプレッドが全期間で採用されます。

つまり、普段はスプレッドが1pipsなのに
たまたま5pipsに広がった滅多にないときに
バックテストをちょうど開始してしまうと、
全期間スプレッド5pipsとして計算してしまう
んです。
本来あるべき結果とだいぶ変わりますよね。

そこで、できるだけ本来あるべき結果に
近づけるため、平均的なスプレッドもしくは
スリッページも考慮してそれに上乗せした
スプレッドに変更して固定した状態で
バックテストをする必要が出てくるんです。

(3) 平均スプレッドの調査

スプレッドを変更して、MT4でEAのバック
テストをする必要性は分かったけど、その
平均的なスプレッドってやつは、どうやって
調べるの?

まさか一日中スプレッドの変化を目で見て
計算するんじゃないでしょうね?(-ω-;)

ご安心ください。
myfxbookのForex Brokers Spread Comparison
という、とても有益なサービスがあるんです。
無料です。

使い方は、まずご利用のFX業者を探してクリック
します。
今回は、Pepperstone Edgeを選択しますね。

MT4_spreadchange

次に、調べたい通貨ペアのスプレッドをクリック
します。
今回は、EURUSDを選択しますね。

MT4_spreadchange1

左側にAverage Spread(平均スプレッド)が
表示されますが、このままだと集計期間が短い
です。
そこで、赤枠で囲った部分にカーソルを合わせ
[||] のマークが表示されたら左にドラッグして
できるだけ集計期間を延ばします。

MT4_spreadchange2

再びAverage Spread(平均スプレッド)を
確認すると、0.4pipsであることが分かり
ましたね。

以上で平均スプレッドの調査が完了しました。

余談ですが、FX業者や口座の種類によっては
スプレッドに加えて手数料がかかる場合が
あります。

その場合、Current Spread(現在のスプレッド)
の右上に赤い三角が表示されているところに
カーソルを合わせると手数料を調べることが
できます。

MT4_spreadchange3

今回は、
Pepperstone Edge accounts are also charged a
commission of $3.5 per 1 lot traded.
と表示されていました。

Pepperstone Edge口座は、1ロット(10万通貨単位)
あたり片道3.5ドルの手数料もかかりますよ。
という意味です。

つまり、1回のトレード、往復で1ロット
(10万通貨単位)あたり7ドルの手数料がかかり
ますので、0.7pips分ということですね。

この手数料にAverage Spread(平均スプレッド)
を加えた 0.7pips + 0.4pips = 1.1pips
が1回の取引にかかる平均手数料となります。

スプレッドとは別に手数料がかかる口座の
場合、バックテスト時に自動で手数料は
引かれます。

ですので、この0.7pips分は特に設定する
必要がありませんが、一応、全体でどの
くらいの手数料が掛かっているか、確認は
しておきましょうね。

(4) スプレッドを変更する方法

MT4のバージョンアップにより、バックテスト
する際にスプレッドを変更できるようになった
ため、(4)の操作は不要になりました。

 

faiさん、SpreadChangerを今までありがとう
ございました m(_ _ )m

 

現在のスプレッド変更方法は
MT4でEAのバックテストをする方法
で解説しています。

平均スプレッドがわかったところでいよいよ
MT4でEAのバックテストをする際にスプレッド
を変更する方法に取り掛かります。

まずは下準備です。
スプレッドは、FX業者からの信号がMT4に伝わる
ことで逐次変化しています。
そこで、その信号をいったん伝わらないように
します。

バックテスト用のMT4を立ち上げます。
MT4のメニューバー「ツール → オプション」
をクリックしましょう。

MT4_historydata1

「オプション」ウィンドウの「サーバー」タブ
を選択し、パスワードをPCの「Delete」キー
にて削除し、「OK」をクリックします。

MT4_spreadchange4

------------------------------------追記ここから------------------------------------

上記方法でMT4への信号を遮断すると、MT4BackTester
(自動複数種類同時バックテストツール)を使う際、一つ
のバックテストが始まるごとにMT4のログイン画面が表示
されて、それを手動でキャンセルしなければならなくなる
ため、以下のSpreadChanger(スプレッド変更ツール)
と併用できません。

両ツールを併用したい場合は、以下の方法でMT4への信号
を遮断してください。

上記と同様に「オプション」ウィンドウの「サーバー」
タブを選択し、「プロキシサーバを有効にする」に
チェックを入れて、「プロキシ・・・」ボタンをクリック
し、「サーバー」に「2文字以上の半角英数字」を適当に
いれてOKしましょう。

MT4_spreadchange14

これで、MT4BackTesterを使う際、一つのバックテスト
が始まるごとにMT4のログイン画面が表示されるという
現象がなくなります。

MT4への信号が常に遮断された状態でMT4BackTesterが
起動しますので、SpreadChangerで変更したスプレッド
が適用されたまま自動で複数種類同時のバックテストが
できます。

この方法は、MT4BackTesterの生みの親、emijaさん
に教えていただきました。

emijaさん、いつもお世話になってます(*_ _)ペコリ

これを読んだあなたはemijaさんのブログ記事に
「グッジョブ (゚∇^d)」とコメントしましょう。

→ グッジョブ (゚∇^d)するemijaさんのブログ記事はこちら

------------------------------------追記ここまで------------------------------------

いったんMT4を終了します。

※ アカウント認証が必要なEAなど、サーバー
  につながっていないと動かないEAの場合は
  この処理をすると、バックテスト時に
  Usererror!Can't Trading.と操作履歴に
  表示され、バックテストできません。
  その場合は素直にあきらめて平均スプレッド
  に近いときを見計らってバックテスト
  しましょう。

MT4_spreadchange13

ここで、天才プログラマーfaiさんが無料で
公開されている「SpreadChanger.exe」という
素晴らしいスプレッド変更ツールを、
ありがたや、ありがたや(-人-)と拝みながら
ダウンロードします。

faiさんにこの場をお借りして御礼申し上げ
ます。

SpreadChanger.exeをダウンロードしたら、
解凍してお好きなところに保存してください。
次に、SpreadChangerを起動しましょう。

MT4_spreadchange5

MT4フォルダの「history」の中にある対象
サーバーフォルダに入っている「symbols.sel」
をSpreadChangerのウィンドウ内にドラッグ
&ドロップします。

MT4フォルダは、自分でMT4を保存した場所、例えば

コンピューター(デスクトップにあります)
→ ローカルディスク(C:) → MT4
→ MetaTrader - Pepperstone(MT4フォルダ)

にあります。

MT4_EAdousa

つづいて、「MetaTrader - Pepperstone」
(MT4フォルダ)の中にある「history」を開き、
今回はデモ口座なので「Pepperstone-Demo」
の中の「symbols.sel」をSpreadChangerの
ウィンドウ内にドラッグ&ドロップします。

MT4_spreadchange6

「Show」ボタンをクリックすると現在の
スプレッドが分かります。
確認したら「OK」ボタンで画面を閉じます。

MT4_spreadchange7

クロス円小数点以下2桁表示、
ドルストレート小数点以下4桁表示
のFX業者ならそのままのpips

クロス円小数点以下3桁表示、
ドルストレート小数点以下5桁表示
のFX業者なら10倍のpips
(例:1pipsのとき10と表示)

でスプレッドが表示されます。

変更したい通貨ペアもしくはすべての通貨ペア
(ALL_SYMBOLS)を選択して、「Spread」を矢印
または直接入力にて変更。
今回はEURUSDを2.0pipsに変更してみます。

スプレッドとは別に手数料がかかるタイプの
口座では、バックテスト時に自動で手数料が
引かれます。
ですので、手数料分は考えず、平均スプレッド
にちょっと上乗せしたスプレッドにすると
リアル運用に近い結果が出ます。

「Update」ボタンをクリックするとスプレッド
が変更され、スプレッド値と通貨ペアが表示
されますので「OK」ボタンをクリックします。

MT4_spreadchange8

変更したい通貨ペアのスプレッドを全て変更
したら、SpreadChangerは「×」ボタンで閉じて
OKです。

MT4_spreadchange9

バックテスト用のMT4を再び起動させます。
上記操作でサーバーの接続を切る設定に
したので、以下画面が現れます。

MT4_spreadchange10

「キャンセル」をクリックします。
「ログイン」をクリックするとサーバーに
接続されてしまうので注意してください。

※ 追記の方法でMT4への信号を遮断すると
  上記画面は現れませんが、MT4右下に
  「回線不通!」と表示され、同様に
  サーバーの接続は切れていますので
  ご安心ください。

スプレッドの変更が反映されているか
確認します。
MT4ツールバーの「Strategy Tester」ボタン
をクリックします。

MT4_backtest

すると、MT4の下部に「テスター」ウィンドウ
が表示されますので、「通貨ペア」でスプレッド
を変更した通貨ペアを選択し、「通貨ペアの
プロパティー」をクリックしましょう。

MT4_spreadchange11

スプレッドが設定どおり変更されたことを
確認して、「閉じる」ボタンをクリックします。

MT4_spreadchange12

以上で、MT4でEAのバックテストをするときに、
スプレッドを自由に変更する方法は完了です。
おつかれさまでした^^

あとは、MT4でEAのバックテストをする方法
通常通りバックテストしましょう。

ちなみに、スプレッドを一度変更させておけば
バックテスト用のMT4で「ログイン」ボタンを
押さない限り、ずっとそのスプレッドのままです。
バックテスト用のMT4を立ち上げるたびに
SpreadChangerで再設定する必要はありません。

(5) まとめ

◆ スプレッドとは手数料のこと。

◆ 多くのFX業者のスプレッドは変動制

◆ バックテストする際、測定時のスプレッド
  が全期間に反映されてしまう。

◆ 平均スプレッドをmyfxbookで確認しよう。

◆ 平均スプレッド以上の条件でバックテスト
  して正確な測定をしよう。

◆ faiさんを拝みましょう。
  ありがたや、ありがたや(-人-)

 

 

P.S.
MT4_mail

にゃんこ「作戦成功にゃ!」


もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

お問い合わせはこちらからどうぞ

あなたの応援のおかげで明日も頑張って記事が書けます
本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FX情報商材レビュー評価 実践検証ブログ ☆禁断の世界☆

この記事のコメント

[…] faiさん謹製バックテスト時のスプレッド変更ツール 「SpreadChanger」(無料)と併用して活用 […]
[…] (3) 平均スプレッドの調査 […]
[...]   ※ スプレッド平均値調査法は下記URL(3)参照    (参照したタイミングで多少の誤差は発生します)     http://efxcursion.com/884.html [...]
[...]   ※ スプレッド平均値調査法は下記URL(3)参照    (参照したタイミングで多少の誤差は発生します)     http://efxcursion.com/884.html [...]
[...] » MT4でバックテスト時のスプレッド変更法トップページへ » [...]

この記事へのコメント

あなたの応援のおかげで明日も頑張って記事が書けます
本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ

メルマガ禁断の世界 FX初心者が30年で10万を
1億にするための入門講座


FX(外国為替証拠金取引)初心者が30年間
で10万円を1億円にするためのノウハウを
公開中♪

FXはしょせんギャンブル??? FXはごく一部の選ばれた人間しか勝てない???
そんなことはありません!!!

FXで資産を増やすために必要なのは多少の投資とやる気だけです(・∀・)9
あなたもFXでいっぱい資産を増やして自由な暮らしと安心な老後を手に入れませんか?

ネコの眼

メルマガをご登録頂いた方、限定で無料プレゼント

今ならメルマガをご登録頂いた方にもれなく、口座状況
の途中経過 確認ツール「ネコの眼」(MT4で動作
するEA)を無料プレゼントさせて頂きます。

ネコの眼を活用すると、ポジションを持っている間、
ローソク足が切り替わったタイミング(始値)で
定期的にメールやアラートにより口座状況の確認
ができます。

サインツールやFX自動売買(EA)を使ったトレード、
裁量トレードを行っている際、口座状況の途中経過が
ついつい気になってしまわれる貴方の不安を和らげる
ためにお役に立てましたら幸いです。

※ 無料プレゼントはご登録頂いたメールアドレスに
お届けしますのでお時間のある際にご確認下さいね。

メルマガ登録はこちら

FX情報商材レビュー評価 実践検証ブログ ☆禁断の世界☆ TOP » Meta Trader 4 » MT4でバックテスト時のスプレッド変更法